電話占いや霊視を選ぶ参考は何?

電話占いや霊視を選ぶ参考は何?

日本国内だけでも数え切れないくらいたくさんの占い師さんがいらっしゃいます。

その中で電話占いや霊視をしてもらう際に何を基準にして選べばいいのでしょうか。

最近ではその店のホームページもあり、かなりの参考になります。

ホームページがないところでも有名でよく当たるところなどはクチコミで評判だったりするので、クチコミを参考にしてもいいと思います。

実際に占ってもらった人のコメントが書かれていていい参考になるはずです。

電話占いの場合は最初の電話で受付のオペレーターの対応や人当たりの良さにも気をつけてみたり、霊視などの対面型でもサービスがあるお店も多いので、そこも基準としましょう。

サービスがあるのに利用しないと損ですよ。

そして、ホームページなどで占い師何人・・・とうたっているところもあります。

占い師が多いのは素晴らしいことですが、ただ多ければいいというものではないので、しっかりとホームページやクチコミなどを確認した上で予約を取るようにしましょう。

占いをよく信じる国はどこでしょう

占いを信じる国を以前某テレビでやっていました。

世界各国に占いがあります。

占い方は霊視や電話占い、タロットなど様々です。

世界中の占いを信じる国ランキングの1位はタイで44.8%。

2位は少しの差でベトナムで44.3%。

それからインドと続き、日本は34位で3.6%で最下位の占いを全く信じない国はフィンランドの0.0%だそうです。

日本はテレビや雑誌などで占いは身近に感じられる存在ですが、占い師のところまで占いをしに行かないという手間が面倒だということで順位が低いようです。

霊視や電話占いなら足を運ぶ必要もないのですが。

1位のタイでは王室には専属の占い師がいて、昔は戦争に出る人を決めていたのは占い師だったとか。

電話占いで霊視をして悩みを解決

逆に最下位のフィンランドはパターン化を嫌い、人と同じにされたくないという理由だそうで街角にも占い師はいないそうです。

インドでは生後すぐ一生を占うそうで、何歳で何が起こってという細かいことまで年表にしてくれ、最終的に寿命までうらなってくれるとか。